黒糖,酒,ネットショップ,オンライン,激安

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

WEB店長:大野 明

●当店では未成年の方の酒類のご購入は固くお断りしております。 ご注文の際に年齢確認の為、生年月日の記入を必須とさせていただいておりますのでご協力のほどよろしくお願いいたします。

※携帯サイトはこちら↓

Feed

  • RSS
  • ATOM
黒糖焼酎の歴史


焼酎の製法は約500年前にシャムから沖縄に伝えられ、その後奄美群島に伝来したと伝えられています。

黒糖焼酎の原料である、サトウキビは今から400年ほど前に、奄美大島の直川智(すなおかわち)が中国から密かにサトウキビの苗三本を隠し持って帰ったことから始まったようです。
直川智(すなおかわち)は、当時中国で外国人に禁止していた、サトウキビの栽培方法と製糖方法を密かに習得したようです。

黒糖焼酎(黒糖酒)は江戸時代から奄美群島で製造されていました。

昭和28年に奄美群島の日本返還に伴い、日本の酒税が適用になりました。
黒糖酒は酒税法上焼酎として扱われなかったため、高い税率が掛けられていました。
黒糖酒焼酎として扱うように求める島民の願いもあり、取り扱いに関して議論がなされました。
米こうじ使用を条件に、熊本国税局大島税務署の管轄区域(奄美群島の奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島)に限って黒糖原料の焼酎製造を特別に認めました。

このため、黒糖焼酎奄美群島でのみ製造が許されている特別な焼酎となっています。